FAQ

出前授業に寄せられるよくある疑問をまとめました。

Q. どんな学校でも来てもらえますか?
A. 小学校、中学校であれば、基本的にはどんな学校にもお伺いします。
Q. 学校やイベントに来てもらうためにはお金がかかりますか?
A. 学校への出前授業は、基本無料で行なっています。参加者全員へのアンケート記入をお願いしていますので、ご協力ください。
イベントへの出展料は、お問い合わせください。
Q. 学校やイベント側で準備するものはありますか?
A. プロジェクターやマイクなど、いくつかご用意をお願いするものがありますが、基本的には学校にあるものばかりです。落語に必要なものは事務局で用意してお持ちします。
詳しくは、ご依頼いただいた後に事務局からリストをお送り致します。
Q. どんなテーマでSDGsが学べますか?
A. SDGs14「海の豊かさを守ろう」にあたる、海の温暖化や酸性化、海洋ごみの問題、漁業資源の問題などをテーマにした落語があります。
また、落語だけではなく、専門家による授業で知識の補足をします。
Q. 授業時間は?
A. 落語家による海の環境に関する落語が20分、環境専門家による海の環境に関するスライドを使っての授業が25分ほどの、計45分が基本の時間です。
イベントなどによって、時間を調整する事も可能です。
Q. 場所はどこでできる?
A. 人数にもよりますが、体育館や視聴覚室、多目的ルームなど場所は様々です。
コロナ対策のため、距離を保ちたく、基本的には広い場所で実施させていただくことが多いです。
Q. 学校側でしなきゃいけない事はある?
A. 最後に、記録用の写真撮影と、アンケートのご協力のみお願いしています。
Q. 申し込みはいつまでにすれば良い?
A. 基本的に、2週間以上先でしたら、いつでも出前授業可能です。
ただ、専門家や落語家のスケジュール調整がきかない場合があり、その場合はご希望いただいた日にちで実施できずにご調整いただく場合もあります。