出前事業

海の問題を落語で学ぼう海の問題を落語で学ぼう

本プロジェクトの落語家第一人者である立川こしらさん。
落語に関してはネタを決めてから高座に上がることがなく、フリートークでお客さんの反応を見てからネタを決めていくという実力者。
イベントでも数多くの海問題を絡めた新作落語を披露しています。
寄席プロジェクトに向けて、立川こしらさんからメッセージを頂戴しました。

「落語というのは、上から下に受け継がれていきます。自分が真打になると、次の世代のことを考えて、誰か弟子をとって、教えていかなくてはいけない。それをずっと繰り返しているのが真打、落語界という世界。
海の環境ということも同じ。自分の世代だけ考えていたら便利なまま過ごすのが楽。でも、そうじゃない、自分の次の世代、また次の世代のことを考えると自分の不便はちょっとは受け入れないといけないかな、という側面があります。
伝統芸能という世界、そして環境問題、これはどこか深い所で同じようなものがあると思います。そんな思いで、落語を通じて海の問題を伝えていきたいと思います。」と語っていただきました。

現在ではみごとに上から下へと受け継がれ、賛同いただいた全9名の落語家さんが海落語を披露しています。

落語家一覧
海の問題を落語で学ぼう

立川 こしら 立川流落語家真打/立川志らく門下総領弟子 立川談志師匠初の孫弟子真打、かつ師匠存命中最後の孫弟子。1997年立川しらくに入門 2001年二つ目昇進 2011年真打昇進内定 2012年真打昇進。

海の問題を落語で学ぼう

三遊亭 わん丈 20歳から7年間ロックバンドのヴォーカルとして福岡を中心に活動。2010年東京に訪れた際に寄席で落語に魅せられ、すぐに上京。滋賀県初の江戸落語家となる。独演会には初心者からマニアまで様々な客層が詰め掛ける。その日の客席を見て自由自在に古典落語、新作落語を操る、現在の若手ブームを牽引する落語家の一人。

海の問題を落語で学ぼう

立川 吉笑 1984年生まれ。京都市出身。2010年11月、立川談笑に入門。わずか1年5ヵ月のスピードで二ツ目に昇進。「立川流は〈前代未聞メーカー〉であるべき」をモットーに、気鋭の若手学者他をゲストに迎えた『吉笑ゼミ』の主宰や、初の単著『現在落語論』(毎日新聞出版)の刊行、全国ツアーを開催するなど、業界内外の注目を集める。

海の問題を落語で学ぼう

三遊亭 粋歌 前職は会社員(総務部人事課担当)。働く人をテーマにした作品や家族の日常を描いた作品、女性を主人公にした作品など、独自の視点で現代的な自作新作落語を多く手掛けている。子供から高齢者までわかりやすい作品作りを目指し、企業PR用の新作落語等も制作している。

海の問題を落語で学ぼう

三遊亭 ふう丈 駒澤大学在学中に落語研究部に入り落語と出会いました。それまで落語を聞いたことも見たこともなかったのですが、すっかりハマってしまいました。それから就職活動でうまくいかない時に、学園祭で見に来た友達から「もう落語家になっちゃえよ」という後押しをされ、落語家になることを決意。そこで「やるんなら自分で創る新作落語をやりたい!」と思い、2011年に三遊亭円丈に入門しました。見習い1年、前座修行4年を経て2016年晴れて二ツ目昇進。現在は落語の礎となる古典落語は勿論、自作の新作を定期的に創り続けています。明るく楽しい高座がモットーです。僕の落語を通して生徒の皆様に、海のこと、ゴミ問題のこと、環境のことを考えてもらうきっかけになれたらと思っています。そして、僕も一緒に学んでいきたいです!塵も積もれば山となる!小さな心がけからやっていきましょう!

海の問題を落語で学ぼう

三遊亭 天歌 日向学院中学高校を経て、明治学院大学法学部へ。在学時に落語研究会に所属。卒業後は、塾講師・社労士補助・コールセンター・ネット販売などの仕事を経て、オムニバス小説を自費出版。

海の問題を落語で学ぼう

桃月庵 白浪 2014年10月、桃月庵白酒に入門。2015年10月1日、楽屋入り前座名「ひしもち」。2019年5月21日、二ツ目昇進「白浪」と改名。

海の問題を落語で学ぼう

鈴々舎 馬るこ 2003年鈴々舎馬風に入門。2006年二つ目昇進。2017年真打昇進。 2013年NHK新人演芸大賞受賞。2017年国立演芸場花形演芸大賞銀賞。「笑点」若手大喜利レギュラー。文化放送「くにまるジャパン極」レポーター。CMナレーション。台本制作、企業向け新作落語制作も多数手がける。

海の問題を落語で学ぼう

立川 志獅丸 2002年立川志らくに入門、前座名を「らく太」に。2012年二ツ目に昇進し「志獅丸」に改名。2014年第13回さがみはら若手落語家選手権に初出場で初優勝。2019年7月、近代落語会初の前座から真打に昇進。令和初の立川流真打となる。fmたちかわ「ALVARK STUDIO」「パークサイドスクエア」などで活躍中。